iMovieスライド動画編集 トランジョンとエフェクトの活用方法

こんにちはトモヒロです。

今回は、iMovieでのスライド画像動画の作り方について説明します。

簡単に作れる動画ですが、アクセス数も集め易いので
しっかり覚えて行きましょう!

 

解説動画

 

基本はテキスト動画と一緒

 

文字より画像がメインなだけで編集方法は殆ど変わりません

コツとしては、7秒〜11秒程度画像を表示するのが定番です。

 

特に面白い画像は分散させてりして

視聴者を飽きさせないような画像の並べ方を考えて見てください

また短いコメントを付け加えるのも効果的です。

 

トランジョンとエフェクトで変化を

 

また、編集の時に画像と画像の切り替わりの時に

トランジョンを使うと効果的です。

 

トランジョンとは、画像や動画のつなぎ目にかかる

エフェクト効果です。

例えば透けながら画面が切り替わったり

暗転しながら切り替えたりする事で
スムーズに画像を切り替える事ができます。

 

iMovieでは、様々なトランジョンがあるので
飽きのこないように変化をつくて見て下さい。

 

また、画像効果も足す事ができ

色合いや質感を変える事ができます。
これで表現力が広がりますので
面白く動画を作って行きましょう!

 

今回の説明は以上となります。

スライド画像動画は簡単に作れるのでどんどん作って行きましょう!


YouTubeを0からでも10万円以上の資産を作る
コンテンツプレゼント!

YouTubeで最速で10万円の資産を構築し、
1チャンネルで30万以上の資産を作り出した
ノウハウをコンテンツに濃縮!

動画編集から再生数アップのテクニックまで網羅
2017年の最新情報に合わせて作られたコンテンツですので
YouTubeアフィリエイトは、まずここから始めましょう

今なら、無料メルマガ登録でYouTubeバイブル『logic Creator』をプレゼント

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)